腸内フローラ

腸内フローラを整え腸内環境を改善する魔法の腸活とは?

腸内フローラって何?

「腸内フローラ」という言葉を最近よく目にしますよね。タレントのローラさんのことではありません(笑)
腸内フローラって、何だか知ってますか?私たち人間の腸内にはたくさんの細菌が生息しており、その細菌の働きによって体調が左右されることは知られています。どれくらいの数の細菌が腸内にいるかというと、数百種類以上で、その数はなんと600兆個以上といわれています。

小腸から大腸にかけて様々な細菌が腸壁に存在しており、種類毎にグループを作っています。この様子を顕微鏡で見たところ、お花畑(フローラ=flora)のようだということで、腸の中のお花畑、つまり腸内フローラと呼ばれるようになりました。
腸内フローラの形成は、人によって異なります。性別、年齢、食生活、などによって腸内の細菌の種類や数が変わってくるからです。国が違えば腸内フローラが異なります。また人種によっても異なってきます。

腸内フローラが注目されている理由

なぜ腸内フローラが注目されているかというと、腸内フローラが私たちの健康に、とても密接に関係しているからなんです。腸内フローラは腸内環境ともいわれ、フローラのバランスが悪いと大腸を崩す原因ともなります。腸内環境は体の様々な部分に影響を及ぼすことから、腸内フローラは近年特に注目され研究されるようになりました。
腸内環境である腸内フローラは、腸内細菌の勢力によってグループ形成が変わります。

腸内細菌は大きく3つに分類されます。
・善玉菌(ぜんだまきん)
・悪玉菌(あくだまきん)
・日和見菌(ひよりみきん)

これらの3つの菌が腸内フローラを形成しており、その腸内細菌たの勢力の違いにより、私たち腸内の働きが良くも悪くもなり、体調に影響を及ぼします。これら3つの腸内細菌(善玉菌・悪玉菌・日和見菌)の違いとはなんでしょう?腸内細菌の腸内バランスにより、腸内環境がどう影響を受けるのでしょうか?腸内バランスについて知ることで、その重要性について理解できます。

善玉菌はその名の通り良いイメージです。悪玉菌も見た通り悪いイメージです。
では、日和見菌は?そうです。善玉菌と悪玉菌のどちらに味方した方が良いか様子見しているのです。つまり、善玉菌が増えると日和見菌は善玉菌の味方となり、腸内環境を良くする働きをします。逆に悪玉菌が増えると日和見菌は悪玉菌の味方となり、腸内環境を悪くする働きをします。

善玉菌は悪玉菌をブロックし体調を整える!

体の体調を整える善玉菌の代表的なものは乳酸菌とよばれています。ご存知の方も多いのではないでしょうか。主な乳酸菌は、ビフィズス菌・アシドフィルス菌・フェーカリス菌などがあります。多くの乳酸菌には悪玉菌の侵入や増殖を防ぐ働きがあります。
腸の運動を促しお腹の調子を整えます。

悪玉菌は腸内環境を悪くし、お腹の調子を崩す!

悪玉菌が増えると、腸内で悪い働きをし体調を崩す原因となります。主な悪玉菌は、病原性大腸菌・黄色ブドウ球菌・ウェルシュ菌などがあり、腸内で有害物質をつくり出します。悪玉菌が増えると、お腹の調子を崩しやすくなります。便秘や下痢など引き起こし、腹痛や嘔吐の原因となります。またオナラや体臭が臭う症状が出ることもあります。

日和見菌は善玉菌と悪玉菌の優勢な方に味方する!

腸内フローラを構成する腸内細菌のうち、最も勢力が大きいのが日和見菌です。
日和見菌そのものは、普段は腸内で特に何もしていません。しかし腸内フローラの腸内バランスが崩れると、優勢な菌に加勢しその働きを強めます。善玉菌が腸内で優勢な場合は善玉菌に加勢し、腸内環境を良くする働きを助けます。反対に悪玉菌が腸内で優勢な場合は悪玉菌に加勢し、腸内環境を悪化を手助けするのです。代表的な日和見菌は、バクテロイデス・ユウバクテリウム・嫌気性連鎖球菌・大腸菌(無毒株)などがあります。

一般的に腸内フローラと呼ばれる腸内細菌のバランスは、善玉菌 2:悪玉菌 1:日和見菌 7 といわれています。体への直接的な働きは善玉菌や悪玉菌ですが、それらの働きを加速させるのが腸内フローラの一大勢力を持つ日和見菌なんです。腸内細菌の均衡バランスが崩れると、体調が良くなったり悪くなったりするわけですね。

腸内環境(腸内フローラ)が乱れてしまったら、どうすればいいの?

腸内環境(腸内フローラ)が乱れて体調が思わしくないと感じられたら、まずは腸内バランスを整えて、腸内環境の改善に努めることが大切です。
腸内環境の改善には、まずは食生活を見直すことことから始めましょう。
腸内環境が乱れているということは、腸内フローラの腸内バランスが乱れていることが考えられます。腸内フローラが腸内バランスを保っていたときに比べ、悪玉菌が増え日和見菌が加勢している状態だと考えられます。

腸内フローラの腸内バランスを元に戻し、日和見菌を善玉菌の味方につけるようにする必要があります。まずは、善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌を含んだ食品を多く食べ、善玉菌を増やすよう努めましょう。さらに、善玉菌のエネルギー源となる糖分や食物繊維を多く含む食品を食べるとより効果的です。代表的な糖分はオリゴ糖など大腸まで届くものを選ぶのがおススメです。腸内フローラの腸内バランスを改善し腸内環境を最適な状態に保つことで、健康維持ができるということがわかっています。

いま注目の腸活とは?

最近は、毎日の食事にサラダなど食物繊維を多く摂り、ビフィズス菌など善玉菌を多く含むヨーグルトを積極的食べる人が増えています。
こうした食生活のことを「腸活」といわれており、ある理由から腸活が非常に注目されています。その理由は、腸活により様々な体調改善ができることが知られたからです。

・ダイエット
・便秘解消
・吹き出物が治まる
・肌の調子が良くなる
・アレルギー改善につながった
・花粉症対策
・アンチエイジング

人によって様々ですが、腸活により腸内環境を改善することで、いろいろな効果が実感している人が増えています。

70歳を超えるある有名女優の方も、腸活を意識した食生活を送ることで、その年齢に見えない若さと美貌を保っています。もちろん、腸活だけでなく運動や睡眠など、腸活以外のことにも気を遣い若さを保つ努力をされています。

一度にいろいろなことはできないと思います。まずは腸内フローラを最適な状態に保つ腸活を毎日の習慣にし続けてみてはいかがでしょうか。数か月後、様々な効果を実感し変わっている自分に驚くと思います。